駐車場

病院建物のとなりに駐車場がございます。新屋敷方面・3号線方面のどちらからもお入りいただけます。
駐車場に出入りされる際は歩行者や自転車に十分ご注意ください。

待合室

受付がお済になりましたら、診察までこちらでお待ちください。
当院の前の道路は交通量が多いため、入り口の扉を二重扉にしてあります。動物が逃げてしまうことが無いよう、扉はひとつずつ開閉なさいますようご協力をお願いいたします。

診察室

ここで問診や説明、治療などを行います。レントゲンや顕微鏡画像の確認もここで行うことができます。

第1入院室・第2入院室

手術や治療のためにお預かりした動物たちが入院する場所です。
一般入院室・高濃度酸素室・感染症入院室があります。

手術室・レントゲン室

各種手術およびレントゲン検査を行う場所です。手術台の上にレントゲン装置を組み込み、術中でもレントゲン撮影ができるようになっています。

検査機器や設備


院内の設備・機器類の一部をご紹介します。

血液検査機器
血液生化学検査・CBC・甲状腺ホルモン検査・副腎皮質ホルモン検査などが院内で実施可能です。



各種 歯科機器類
歯石除去や抜歯から、歯内療法まで対応可能な歯科機器類を備えています。





CR・レントゲン装置
手術中にも撮影可能なレントゲン装置を備え、撮影した画像はコンピューター上ですぐに確認が可能です。





超音波検査機・エコー
超音波検査により、心臓や腹部臓器の確認、赤ちゃんの動きなどを調べることが可能です。





顕微鏡
便検査・血液検査・細胞診など、様々な用途で出番の多い機器です。
顕微鏡の画像は診察室のモニターで確認が可能です。





電気メス
手術の際に活躍します。小さな血管からの出血を止めながら切開をしたり、腫瘍の摘出などに用います。




人工呼吸器
手術の際に、それぞれの体格に合わせて適切な人工呼吸を行います。





検耳鏡・眼圧計・眼底検査器具
検耳鏡は外耳道の観察に用いるほか、特殊なスペキュラを使ってウサギやモルモットの奥歯の観察も行います
その他、点眼麻酔無しでも使用できる眼圧計や眼底観察用レンズで眼の病気を調べます。



診察日

午前 -
午後 - -

午前 9:00〜12:00     午後 16:00〜19:00

休診日  木曜 祝日

学会などにより休診になる場合がございます。トップページの「お知らせ」をご覧ください。

 

 

病院住所

〒860-0842

熊本市中央区南千反畑町9-5

TEL:096-245-7126

院長 和田慎太郎